マイホーム

建物本体の工事費以外にかかる諸費用

住宅を建てるには、土地代と建築費と材料費とそれから人件費があればいいと思っている人も多いでしょう。しかし実際には付帯工事費と呼ばれる費用や様々な諸費用が発生します。具体的には本体工事費と、付帯工事費、諸費用が全体を構成します。ハウスメーカーなどが出している費用は基本的には本体工事費の部分だけです。つまり他にも必要である部分をしっかりと把握した上で、予算を検討しなければなりません。建築費がおおよそ70%で、その他が30%程になると言われています。付帯工事費については、もし土地が弱かったとしたらそのまま家は建てられないため、その地盤改良費なども発生してしまうことを想像すると現実的でしょう。また、電気ガス水道などのライフラインは完全に必須の部分ですが、カテゴリーとしては付帯工事費に含まれます。家に必須であるにもかかわらず、実は建物本体とは別の扱いとなっているのです。同様に家の外にある外壁や駐車場の工事も、本体ではないので付帯工事費になります。建設計画としては全て含んで考えている人がほとんどでしょうが、こういった分け方になっているのに驚かれる方も多いのではないでしょうか。そして、素人がほとんど意識しないにもかかわらず発生してしまうのが諸費用です。まず不動産取得税という聞き慣れない税がかかります。地方税であり、家を建てたり賃貸オーナーになった時などの不動産を取得した時に不動産取得税が発生します。また登録免許税は、不動産を登記した際に発生する税です。こちらの登録免許税は新規で建設した場合と中古住宅を購入した場合で異なるので注意が必要です。さらに、印紙税もかかってきます。税をわざわざ現金で納付するわけではなく、不動産売買契約書などの契約時に収入印紙を添付しますが、これが印紙税の納付になっているのです。家自体の工事と庭などの工事、ライフラインの備え付けの他にあるのが、忘れてはいけないインテリアです。必須ではないものの一番贅沢したくなる部分であり、インテリアが新品でなければ新築とは言えないと考えている人もいるのではないでしょうか。これと同様にエクステリアも諸費用のうちです。エクステリアは外構部分が一般的ですが、フェンスやカーポートの様な家の外側にある物を含みます。家を建てるにあたって必ずしもなくてもいい部分であり、作る側が要望しなければ作られないものなので、これも諸費用として計上されるのです。家の外側をどう使いたいか、という思考がどういったエクステリアを設置するかの判断が必要になるので注意しましょう。

関連記事
noimg
ローコスト住宅を建てるとしたらどれくらい安い?

ローコスト住宅という言葉があるように、高くて当たり前の住宅に関しても安価に建造できる方法が存在します。普通に考えると、安かろう悪かろうという

記事を読む

noimg
水回りにかかる価格相場と選び方のポイント

家を建てる際に必須のものでありつつ、案外悩んでしまうのが水回りの設置です。もともと住んでいた住宅に合わせてトイレは二つ欲しい、流し台は2階に

記事を読む

マイホーム
内外装やデザインにこだわった場合の予算はどれくらい?

既に建っているのではなく、これから自分で考えて家を建てるのですから、様々な面にこだわりたくなるのは当然のことだと言えます。外からの見た目や悪

記事を読む

noimg
注文住宅の予算がオーバーしてしまったときの対処法とは

注文住宅は自分で中から外まで決めて作れる建物なので、初めに予算を決めていたとしても見積りがオーバーしがちです。予算を超えてしまったけど大事な

記事を読む

調査
ハウスメーカーごとで違う坪単位を事前に調べておこう

建てる住宅の価格は、坪単価によるところが大きいです。注文住宅は建て売りとは異なり、一から設計して建てるので、家の面積がどのくらいになるかはま

記事を読む

電卓とボールペン
ハウスメーカーに土地探しを依頼したときの予算は?

これから新しく住宅を建てようと考える時、まず土地探しをしてからハウスメーカーを探そうと思うのではないでしょうか。もちろんその方法でもいいので

記事を読む