マイホーム

住宅ローンを組むときの最適な方法とは

多くの人にとって、人生で最も大きい買い物になるのがマイホームです。多くの場合、購入には住宅ローンが組まれますがどういった金利タイプがあり、どういった金融機関が利用されているのでしょうか。金利タイプは主に固定金利ローンと変動金利ローンに分けられます。固定金利であればその後に金利が上昇しても低いままの金利で借り続けることができます。逆に変動金利の場合は変動してしまうので、できるだけ短期のものを利用するのが上手い住宅ローンの組み方です。金融機関の選び方ですが、誰でも知っている都市銀行だからお願いする、というよりは、それぞれの金融機関が打ち出しているプランなどで検討するべきです。もちろん審査に受からなければ借りられませんし、借りられたとしても借入額が少ない場合もあります。できるだけ審査に通りそうで、かつ借入額の大きいところを選ぶと良いでしょう。また、保証料など実費以外が高額に設定されているところはよく考えて利用するべきです。こういった大きい買い物、しかもローンを組む場合は自分で他に借りられる所がないか考えることが重要と言えます。例えば、実家から支援してもらえないか、親戚で少し援助してもらえる所がないかを検討することはとても重要です。マイホームはそもそも高額ですし、返済計画は数十年にも及ぶのです。それだけ借金生活が続くことを考えれば、借りるのは前提としても、できるだけその額を減らしておくことは精神的な安定にもつながります。保証料などの付随費用はできるだけ低いところにするのが上手い選び方と言えるでしょう。また、借りた時点では数十年単位で返済計画は立てつつも、子供の独立や自動車ローンの支払い完了など別の要因でまとまって返済が可能な場合があります。そういった時に繰り上げ返済が損なくできるかどうかも確認しておいた方が良いでしょう。ローン馴れしてしまうとあまりかんがえなくなりがちなのですが、あちらからもこちらからも借金をしている状態というのは常に気が張り詰めてしまいます。それに馴れてしまっている人も多いですが、いざ自分の身に何かあった場合にその負担は家族が負うことになってしまいます。そういったことも考慮し、すぐに全額返すのは無理でも、しばらくたって繰り上げ返済を検討できるようになったら、実行してみるのはひとつの良い方法です。また、繰り上げたい時に対応してくれるかどうかは借入先の金融機関にしっかりと確認しておく必要があります。借金だから早く返すことに文句はないだろう、と思っていると、金利が発生するため意外にも繰り上げ返済を渋ったり手数料を取ったりする金融機関もあるので注意が必要です。

関連記事
noimg
注文住宅の予算がオーバーしてしまったときの対処法とは

注文住宅は自分で中から外まで決めて作れる建物なので、初めに予算を決めていたとしても見積りがオーバーしがちです。予算を超えてしまったけど大事な

記事を読む

調査
ハウスメーカーごとで違う坪単位を事前に調べておこう

建てる住宅の価格は、坪単価によるところが大きいです。注文住宅は建て売りとは異なり、一から設計して建てるので、家の面積がどのくらいになるかはま

記事を読む

noimg
水回りにかかる価格相場と選び方のポイント

家を建てる際に必須のものでありつつ、案外悩んでしまうのが水回りの設置です。もともと住んでいた住宅に合わせてトイレは二つ欲しい、流し台は2階に

記事を読む

noimg
何歳までにマイホーム購入するのが理想?

マイホームを購入するのは何歳までが理想なのでしょうか。これに対する絶対的に正しい答えはありませんが、実際に購入している人がどのくらいなのかと

記事を読む

マイホーム
内外装やデザインにこだわった場合の予算はどれくらい?

既に建っているのではなく、これから自分で考えて家を建てるのですから、様々な面にこだわりたくなるのは当然のことだと言えます。外からの見た目や悪

記事を読む

電卓とボールペン
ハウスメーカーに土地探しを依頼したときの予算は?

これから新しく住宅を建てようと考える時、まず土地探しをしてからハウスメーカーを探そうと思うのではないでしょうか。もちろんその方法でもいいので

記事を読む

noimg
ローコスト住宅を建てるとしたらどれくらい安い?

ローコスト住宅という言葉があるように、高くて当たり前の住宅に関しても安価に建造できる方法が存在します。普通に考えると、安かろう悪かろうという

記事を読む

noimg
建物本体の工事費以外にかかる諸費用

住宅を建てるには、土地代と建築費と材料費とそれから人件費があればいいと思っている人も多いでしょう。しかし実際には付帯工事費と呼ばれる費用や様

記事を読む