マイホーム

ローコスト住宅を建てるとしたらどれくらい安い?

ローコスト住宅という言葉があるように、高くて当たり前の住宅に関しても安価に建造できる方法が存在します。普通に考えると、安かろう悪かろうという言葉が頭に浮かんでしまうかもしれませんが、費用が安く済むことを考えると検討の余地は十分あるのではないでしょうか。ちなみにローコスト住宅を選ぶ人の傾向としては、土地だけはすでにあり、家だけ建てたいといった場合や、自分で建てたいけれど予算はそれほどかけたくない、といった場合が挙げられます。もしくは平屋のような、小さくていいので自分で家を建ててみたいといった場合もなどもあります。それほど予算をかけずに、シンプルでいいので建設したいという要望があるときに選ばれているようです。ただし、平屋は坪数の割に建築コストがかかってしまうものだとも言われているので注意が必要です。建設会社等にもよりますが、ローコスト住宅はおおよそ坪単価40万円までのものや、工事費が2,000万円以内の注文住宅のことを指すようです。これが安価と言えるかはケースバイケースですが、全体の傾向として費用をかなり抑えている価格帯がこの辺りと言えます。建設する側はどうやって費用を安く抑えているかというと、様々な要因がありますが、大きくは3つの理由があるようです。まず広告を出しておらず、広告費がかかっていない事があげられます。よくテレビCMで見るような大手のハウスメーカーなどはそれができないため、あまり知らないハウスメーカーだからと不安に思わないようにしましょう。宣伝広告費の予算を削って建造費を安くしているのです。そして作業効率を上げることによって人件費を抑えています。家を建てるのは一大プロジェクトなので、大勢の人員が数か月にわたって、ときには1年ほどかけて作るものです。ほんの少し工期が伸びただけで予定より費用がかなりかかってしまうのは人件費部分であり、そこを上手く融通できる会社が安く仕上げられるハウスメーカーだと考えておくと良いでしょう。最後は材料費です。主に大量発注によるコスト削減という、どの業界でも行われている取引を導入することにより、材料費を安く抑えています。広告費をかけず人員を上手く使い、材料費も抑える、これがシンプル建設のコツなのです。ローコスト住宅は設計段階でも調整可能です。間取りやデザインをシンプルにしておくことで、建築コストがカットできると言われています。複雑な廊下などを作ろうとすると作る側も大変ですしコストもかさみますが、四角い部屋をまっすぐな廊下で繋いだような住宅を作るのはそれほど難しくはありません。そして、できるだけ一般的な規格のものを使うようにすれば全体的なコストを安く抑えられます。素人では細かいところまで見極めるのは難しいかもしれませんが、ハウスメーカーと相談しながらできるところは一般的なものを選んで行けば総合的に安くすることも可能です。

関連記事
マイホーム
内外装やデザインにこだわった場合の予算はどれくらい?

既に建っているのではなく、これから自分で考えて家を建てるのですから、様々な面にこだわりたくなるのは当然のことだと言えます。外からの見た目や悪

記事を読む

調査
ハウスメーカーごとで違う坪単位を事前に調べておこう

建てる住宅の価格は、坪単価によるところが大きいです。注文住宅は建て売りとは異なり、一から設計して建てるので、家の面積がどのくらいになるかはま

記事を読む

noimg
水回りにかかる価格相場と選び方のポイント

家を建てる際に必須のものでありつつ、案外悩んでしまうのが水回りの設置です。もともと住んでいた住宅に合わせてトイレは二つ欲しい、流し台は2階に

記事を読む

電卓とボールペン
ハウスメーカーに土地探しを依頼したときの予算は?

これから新しく住宅を建てようと考える時、まず土地探しをしてからハウスメーカーを探そうと思うのではないでしょうか。もちろんその方法でもいいので

記事を読む

noimg
注文住宅の予算がオーバーしてしまったときの対処法とは

注文住宅は自分で中から外まで決めて作れる建物なので、初めに予算を決めていたとしても見積りがオーバーしがちです。予算を超えてしまったけど大事な

記事を読む

noimg
建物本体の工事費以外にかかる諸費用

住宅を建てるには、土地代と建築費と材料費とそれから人件費があればいいと思っている人も多いでしょう。しかし実際には付帯工事費と呼ばれる費用や様

記事を読む

noimg
住宅ローンを組むときの最適な方法とは

多くの人にとって、人生で最も大きい買い物になるのがマイホームです。多くの場合、購入には住宅ローンが組まれますがどういった金利タイプがあり、ど

記事を読む

noimg
何歳までにマイホーム購入するのが理想?

マイホームを購入するのは何歳までが理想なのでしょうか。これに対する絶対的に正しい答えはありませんが、実際に購入している人がどのくらいなのかと

記事を読む